2009年04月01日

修正版「混沌」

本日、「混沌」の修正版を動画投稿してきました。




合わせる事を念頭に置きながら「わだつみ」と「ひのかみ」を交互に直していたら頭煮えました。
本当は各曲の音をもっと足したかったのですが、それをやると「混沌」の音数もまた増えてしまうので、今の自分には難しいです。

これもCD収録予定曲ですが、この音源は配布用に作成したものです。
CD版はもっと音質向上させたものを、と思っています。

3曲全てのMP3を再配布開始しましたので、DLはコチラからどうぞ。

お許し頂いて、改めてロデオんさんのイラストも掲載させて頂きました!
posted by F.Koshiba at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

近いうちに

過去曲の修正リミックス版をひとつ、動画投稿したいと考えています。
posted by F.Koshiba at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

渋滞中

今はできない、という時に限ってやりたい気持ちがあれこれ湧いてくるのは子どもの頃から変わりません。


作りたいものメモ

つくよみ
・エスニックな11拍子曲
・ボーカロイドオリジナル曲の複数カバーで「二胡二胡アレンジメドレー」
posted by F.Koshiba at 00:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

動画にしました

歌詞の表示を遊ばせた動画にしたくなって作りました。




進行中の過去曲修正は現在、「満つる夜半の歌」です。
この曲はなんだか眠くなってしまってなかなか作業がはかどりません。
posted by F.Koshiba at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

歌詞を色分け

「チープ・ディープ・リップス」に感想くださった方々ありがとうございました。
歌詞ついて、パート別色分けのご要望を頂いたので作ってみました。
少しずれてますが、大体こんな感じです。

チープ・ディープ・リップス 歌詞
posted by F.Koshiba at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

同人CD制作関連メモ・2

曲修正しながら、アルバムごとの選曲や順番などを考えてます。

「愚足武者」は今のところ、過去記事に書いた2枚目の方(多分こっちのアルバムを先に出します)に突っ込む予定です。
しかしこの選曲の中、やっぱ1曲だけ違和感ありすぎでしょうか。困ったな。

1.わだつみ
2.満つる夜半の歌
3.そよぐ真昼の歌
4.ひのかみ
5.日照雨
6.蒼穹図
7.混沌
8.愚足武者
posted by F.Koshiba at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

うはぁ

さっき確認したら「チープ・ディープ・リップス」の一部トラックにかけたはずのエフェクトがオフになっちゃってたので、オンにして作り直したMP3に差し替えました。

「蒼穹図」をサイトへ載せる時、ついでにこの曲もサイトに移しておこうと思います。
もうちょっと直して最後まで作れたら良かったんですけど。んー。
posted by F.Koshiba at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チープ・ディープ・リップス/その3

過去記事…その1その2


最終回「安っぺらくこんがらがって」




つれなく 部屋の窓を閉じ 優しい月を締め出したら
衣装の棚をかき回し 狡猾な嘘を纏う

胸元飾るコサージュには ささやくための毒を仕込む
罠と知りながら 掛かる者達のために


すまして 扉 開け放ち 迎えの御者に導かれて
敷かれた赤い真心を踏みつけて 腰を下ろす

魔法の鏡 真実を語る事など 許されずに
怯えてひたすら 主の美貌を 称える


素知らぬ顔をして 幾百の花の命 摘んだ香水つけ
気づかぬふりをして 幾千の闇が集う 宴の渦へ


歪んだ瞳が映した 互いの姿を見初めて
偽りに惹かれて踊り狂う

女と男の間に 揺らめく炎が2人を
照らし 煽り 愛を嘲るように 消える



曲解説…

この曲は、日常で腹の立つ事があって「なんだコノヤロー」というやさぐれた気持ちになり、サンドバッグ代わりにPCのキーボードをバカバカ叩いて作ったものです。
でも途中まで作ったところで悪い念が昇華されたのか、意欲の糧だった毒気がすっかり抜けてしまい、先が続かなくなって「あきらめんなよ!」と言われてしまいそうな半端さで終了。
でもせっかく作ったのでブログのネタに。

コンセプト的には、インストのつもりで作った歌もの。
だからメロディラインが全く人間向きじゃないです。ボーカロイドも声というより、どちらかといえば音色の1つという感覚で扱っています。
歌詞は後付け。文字を見ながらでも言葉は追いづらいと思います。
posted by F.Koshiba at 03:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

チープ・ディープ・リップス/その2

その1を掲載後、ろくでもないのは曲なのかネタなのかと問われました。
両方です。



その2「安っぽい音」




詳細は次回まとめて。
posted by F.Koshiba at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

チープ・ディープ・リップス/その1

いつもとは趣向を変えて作った、ろくでもない曲のネタを連載します。
全3回くらい。



その1「薄っぺらい言葉」


つれなく 部屋の窓を閉じ 優しい月を締め出したら
衣装の棚をかき回し 狡猾な嘘を纏う

胸元飾るコサージュには ささやくための毒を仕込む
罠と知りながら 掛かる者達のために


すまして 扉 開け放ち 迎えの御者に導かれて
敷かれた赤い真心を踏みつけて 腰を下ろす

魔法の鏡 真実を語る事など 許されずに
怯えてひたすら 主の美貌を 称える


素知らぬ顔をして 幾百の花の命 摘んだ香水つけ
気づかぬふりをして 幾千の闇が集う 宴の渦へ


歪んだ瞳が映した 互いの姿を見初めて
偽りに惹かれて踊り狂う

女と男の間に 揺らめく炎が2人を
照らし 煽り 愛を嘲るように 消える
posted by F.Koshiba at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

新曲「蒼穹図」

本日、新曲「蒼穹図」を、動画として投稿してきました。

今回は、ロデオんさんが描かれたイラストに、そのコンセプトと自分が受けたイメージを混ぜ合わせて、詞と曲を付けたものです。
元のイラストはコチラにあります。

動画はこちら。

※2011/12/28、動画差し替え

同じ主旨で、うむさんのイラストに詞と曲を付けたものはこちらです。



「日照雨」と「蒼穹図」の2曲を制作するに至った経緯については、過去記事をご覧ください。
ようやく完成させられてほっとしました。
これらの曲が、聴いた方々の中で絵と調和してくれる事を願います。


以下は、「蒼穹図」について。(01/27、追記)
 
 続きを読む
posted by F.Koshiba at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

「白い窓辺で」MP3配布

「白い窓辺で」のMP3をサイトに置きました。
少し修正を加えたものです。コチラからどうぞ。

この曲は前にも書いたとおり、アコースティックギターのための曲が作りたくて作ったものです。

しかしエレキでもアコギでも、ギターの打ち込みは特に難しいですね。良くない意味で小奇麗になってしまうというか…そこを生演奏っぽく自然に汚してみせられるのが上手い人なんだろうと思いますが。


みせる、といえば、最近は特に「良い音」にみせられるようにと拘って曲を作っています。
良い音、の基準は個人の好みによるところも大きく一概に何が良いとは言えないので、結局は自分が良いと感じるものに自信を持つしかないんだなと、音を意識しながら曲を聴いたり作ったりするようになって思いました。

音は今より良い音源に変えなければ良くならないのでは?と人に言われました。音色単体の質としてみればそれはもっともですけど、曲の素材として音を使う場合、要因はそれだけではないですよね。
要するに、ミックスがへたっぴで自分の曲は音数のわりにごちゃついているなとよく感じるので…まずそれをどうにかしたいと常々考えています。

いろいろ試す中で、同じ音源でもみせ方次第で印象は変えられるものだというのがちょっとずつわかってきた気がします。それをものすごく意識して、自分なりの良い音、を目指して作ったのが「日照雨」です。
だからこの曲で、音についていくらか好意的な感想を頂けた時は大変嬉しかったです。また頑張れます。

他の音源と同じくVOCALOIDの声も、もっともっとノイズや歪みを減らして綺麗に持ち上げられるようになりたいと思っています。
posted by F.Koshiba at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

同人CD制作関連メモ

同人CDを作るにあたり、収録したい曲を書き出してみたら全部で16曲ありました。
1枚に詰め込むにはちょっと多いのと、全曲いっぺんに作り直すのは大変という理由から(リミックスだけでなく曲によってはVOCALOIDの打ち直しもしているので…)、曲の系統で2枚に分け、時期をずらして出す事を考えています。


とりあえず案1。

【1枚目】
wanderer
万感吟遊
Vermilion
紅の花
無名の画家、無題の絵画
コンドル
白い窓辺で
星夜の騎馬

【2枚目】
日照雨
わだつみ
ひのかみ
満つる夜半の歌
そよぐ真昼の歌
???(未発表曲)
つくよみ(未制作曲…出来れば)
混沌


地味に扱いに困るのが「愚足武者」。
どっちに振り分けてもこの曲だけ浮いてしまうので、どうしたものかと。

CDは出来ればプレスしたくて発注先を検討しているのですが、プレスだと枚数がえらい事になりますね。ところによって差はありますが最低でも100枚かな?
しかし手焼きもまたものすごく大変。
一体どのくらいの数を作ってよいのか見当がつかないので、どういう形で制作するのがいちばん良いのか悩みます。

あと、通販も希望とのメッセージをいくらか頂いているのですが、自分はイベントの類に出品するつもりがなく、最初から通販含む委託販売の業者に申請を出して応じてくれるところを探す予定でいる事だけ、お伝えしておきます。
posted by F.Koshiba at 01:49| Comment(7) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

「愚足武者」着うた化

「愚足武者」のがくっぽいど版が、「着うた・着うたフル」になりました。
初めての事で嬉しい日なのに、出先で10年ぶりくらいに貧血起こしてダウンしました。やっぱり朝ご飯抜きなんてやっちゃいけません。


「愚足武者」の着うた化について、お話を頂いた際には相当迷いましたが、ちょうど同曲のカラオケ交渉をしてみようかと考えていた時だったので、この1曲限定でいろいろ外に出してみるのも良いかなと思った次第です。
着うたの音源は、REMIX版を使って頂きました。

dwango.jp ニコニコ動画コーナー(仮)

同曲のカラオケ(JOYSOUND)も、リアルタイムリクエストの投票が始まっています。

KAITOの方も修正したMP3をサイトにアップしましたので、良ければコチラからどうぞ。


ちなみにこの2つを編曲(ボーカル音源)の異なるものとして区別するために、便宜上、

KAITO版…紺青(こんじょう)ver.
がくっぽいど版…濃紫(こむらさき)ver.

という別名も付けていたりします。

一足先に、うむさんにだけお知らせしてあったのですが、その際におめでとうイラストを頂きました。
わーもー可愛いです、有難うございます! 目覚ましアラームにして気合い入れちゃってください!

愚足武者・着うたがくぽ


あと、ロデオんさんに私信をば…
メール返信が大変遅れてしまっています、申し訳ありません。
もうちょっとで編曲終わりそうなんで数日中に…!
posted by F.Koshiba at 02:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

「日照雨」オフボーカル

「日照雨」のオフボーカルです。素材としてのご利用もどうぞ。

コチラ


オケに新しい音源を入れたかと尋ねられましたが、入れてないです。全部hyper canvasなんですけど、これまでとは音の作り方を変えているので、違って聴こえたとすればそのためかもしれません。
KAITOのバージョンについては、この曲も過去曲も1.1を使用しています。


「愚足武者」のオフボーカルも、リミックスしたものに差し替えました。
posted by F.Koshiba at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「愚足武者」カラオケ交渉の件

JOYSOUNDからメール頂いたので取り急ぎ。

「愚足武者」、投票可能な状態にして頂けるようになりました。
12/12更新予定、との事です。

たくさんの拍手やメッセージ、どうも有難うございました!
メルフォから頂いたものは、また後日返信させて頂きます。
posted by F.Koshiba at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

新曲「日照雨」

本日、新曲「日照雨(そばえ)」を、動画として投稿してきました。


※09/08/11、修正版に差し替えました。


この曲は、うむ@liliumさんが描かれたイラストに、そのコンセプトと自分が受けたイメージを混ぜ合わせて、詞と曲を付けたものです。

これまでに当方の曲に複数の力作を付けてくださった2人の絵師さんへ、何かの形でお礼ができたらと自分なりに考えたのが「絵師さんのイラストに詞と曲を付ける」でした。
それのためにまたお手間を取らせては本末転倒なので既存のイラストにと考えていたのですが、どちらも快く書き下ろしてくださって、ほんとにもうすみません。
その新作を楽しませて頂きながら、作詞作曲しました。

そのひとつが、今回の「日照雨」です。
もうひとつは現在制作中なので、完成まで今しばらくお待ちください。
詞と曲は出来ているのですが、音がなかなか定まらなくてもう少しかかりそうです。
そちらの絵師さんは、ロデオんさんです。


以下は、「日照雨」について。
 
 続きを読む
posted by F.Koshiba at 10:56| Comment(9) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

1年越しで



初めての10万再生達成です。
動画にもサイトにもたくさんのメッセージどうも有難うございました!

10万ジャストのスクショとるぞーと意気込んでいたのに、リロードした瞬間回線が切れた時の絶望ったらなかったですが、うむさんからスクショを分けて頂けて良かったです(笑)
大事に取っておきます!

同人CD、今作っている1曲を完成でき次第取り掛かるつもりなので、その時に収録予定の「万感吟遊」も、少しでも良いものに直したいです。

たくさん聴いてもらったり、人とコラボするようになって、自分で申し訳なく思ってしまうようなものを出していてはいけないという気持ちが強くなりました。
それは作品の質を向上させていくために必要で良い事のはずなんですが、悩みすぎて途方に暮れていた時期は正直辛かったです。
今はちょっとそこを越えて、万感吟遊1周年を区切りに、また新しい事が出来る気がしています。

ともあれ、今回のお祝いと日頃のご愛顧に、重ねて御礼申し上げます!
個別の返信は、また後日にさせてください。
posted by F.Koshiba at 22:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

「愚足武者」をリミックス

自分の場合、がくっぽいどの高音を綺麗に出せる気が全くしないので、がくこで上手い人は特にすごいなと思います。

自分もやってみたいけど、それより何より通常の音域で声をちゃんと聴きやすく出せるようになる事がまず先です。

そんな事を考えながらリミックスしてみた、がくぽ版「愚足武者」


ボーカルとドラムの弱さがずっと気になっていたので、その点を主に気をつけて直してます。
他、ディエッサーで抑えきれてなくて発音が耳に痛かった箇所を、部分的に同エフェクト重ねがけ。
がくぽの歌唱スタイル自体に変更はありませんが、少なくとも前よりは聴きやすくなったかなと思います。

直したら直したでまた他にもいろいろ気になったりするんですが、あんまり完璧主義になると、後がどんどん辛くなるので…この辺でキリにします。

せっかくオケごと直したので、KAITO版・合わせ版も、いずれこのオケを使って修正したいと思っています。
posted by F.Koshiba at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

作ってみたいけど・その後の進展

個人の同人活動が「商用」かどうかはとりあえず置いておいて(いろいろご意見くださった方々ありがとうございました、参考にします)。

改めて規約を確認して、どうしても差し替えがきかないなあと思っていたフリーのVSTi音源は、他楽器とのアンサンブルで等の条件を満たしていれば商用もOKなのを確認できました。
ひとつの海外サイトさんだけ自分の知りたい規約が不明だったので、簡潔なメールで質問してみました。
それに対する返信の要約。
「使用に制限はないのでDon't worry」

良かった…! ありがとうございます、これで安心して使えます。
修行を積んで少しでも良いものに作り直して、いつか形にしたいです。
posted by F.Koshiba at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。