2010年10月22日

新曲「レーテーの棺」



動画投稿できました。
絵は、うむさんに描いて頂きました。どうもありがとうございます!

野暮ったくなるので解釈めいたものはあまり書かないようにしているのですが、今回のは抽象的過ぎるので、うむさんとお話した中で表したものを少しだけ追記します。
 
 

過去って知らない間にどんどん遠くへ行って、霞んでしまうんですよね。
忘れる事は、その過去が消えてなくなってしまう、死んでしまう事なのかな、と考えると少し寂しいので、何かしら心に折り合いをつけようとして、それが「弔い」の意味に通じるんだと思います。
記憶の風化や自身の老化には逆らえない無常に対する諦念と、それでも不確かながら誰にも不可侵な、意識できない心の奥に棺を設けて留めておきたいという、執着、愛着のようなものを持ちながら。
posted by F.Koshiba at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 作詞作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。