2009年06月08日

落ち武者のつぶやき

愚足武者のKAITO版にある落ち武者カツラが気になって気になって…

落ち武者カツラ


長くなったのでつぶやきは追記にて。
 
  
 
愚足武者といえば、とある漫画に関係したコメントがきっかけでコメ非表示推奨という寂しいタグがあったりなかったり。
確かに動画の内容から逸れたコメントが続いていたので、考えた末に一時期「動画から何を想像して頂くも自由ですが、そのためにも動画自体のイメージは固定したくないので特定作品名の記載はお控えください」という事を投稿者コメント欄に置いていました。

しかし以前に別件でも書いた事なのですが、自分は自分が好きなように活動させてもらっている分、人が好きでする事にも制限を押しつけたくないと思ってます(公序良俗に反するものとかだったら話は別ですが)。
ニコニコにある当方の動画へのコメントに関して言えば、ど素人で趣味全開のものを出しておきながらそれに対するコメントには注文をつけるというのもおかしな話だし、受けるか流すかは自分で選べるのでなるべく固いこと言いっこなしでやっていきたいです。
たとえ自分には理解できない内容や流れがあったとしても、きっとその人なりの楽しみ方から出たものなんだろうと、自分のために周りの事も認められれば平穏に過ごせる気がします。

ただこれはあくまで自分の個人的な姿勢です。また、どの動画にも何を書き込んでも良いという意味にはどうか受け取らないでください。
動画は、皆と共有して楽しめるものではあってもやっぱり共有物ではないんです。
ニコニコだと特に、ジャンルという括りで該当動画をそのジャンルの物、皆の物、というふうに錯覚してしまう傾向があるように感じますが、動画ごとに一般個人の投稿者さんがいて、違う性格と異なるスタンスがある事をまず察した上で、楽しむ気持ちが大事なんでないかなと思います。
投稿者や他視聴者への配慮に欠いたコメントをもらった時、個人の趣味ですプップクプーで済ませられる人もあれば、死ぬほど落ち込む人だってあるかもしれません。

言葉は車以上に手軽で便利で乗りこなすのが難しい凶器です、人を傷つけるのなんて簡単ですから気をつけるのにやり過ぎはないと思うくらいでちょうど良いと考えています。
posted by F.Koshiba at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | VOCALOID | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。