2008年12月16日

2008年のクリスマス

※「音ネタ」カテゴリのお断り
このカテゴリの音楽ファイルは不定期に削除します。サーバ容量の都合から、古い音楽ファイルを置きっ放しにできないためです。

最近ようやく、過去記事の整理に手をつけて一部ファイルを削除しました。
片付けながら先へ進むという事が昔から苦手ですorz
 
  
 

去年作ったクリスマスソング。全部ミクver.

で、1年が経ってボーカロイドも増えたしと、パート分けしてKAITOとがくぽも入れて作ってみた2008年版がこちら。
記念的なものです。


降り始めた雪は 街の音をさらう天使
歓喜の曲 賛美の歌も 天へと還される

時を越えた空に 輝くベツレヘムの星
ちいさな私が生んだ愛も 祝福してくれますか


posted by F.Koshiba at 19:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 音ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしの曲をまったりと聴かせて頂きました。(^^
F.Koshibaさんを初めて知った曲なのでとても懐かしいです。
この曲がなかったら、こんなに(しつこく)歌わせて頂く事はなかったかもしれません。
いまだにこの曲がF.Koshibaさんの曲では2番目に好きです。(^^
1番好きなのは相変わらず『無名の画家 無題の絵画』ですが。


で。ボカロってやっぱり平均律なんですね。(^^;
ちゃんとハモらせるにはPITの調節が必要なのかなぁ。
Posted by ぷち at 2008年12月19日 04:19
名前どおりひっそりした曲なので、これで当方の事を知ってくれた人というのは他にないくらいかもしれません。
それだけでなく歌ってもらえるきっかけになっていたとは嬉しいです。
しつこいなんて言わず、気が向かれたらいつでもどれでも歌っちゃってください(笑)

PITの調整ですが、自分はパラメータをいじるより、ノートの配置や長さで調整する事のが多かったりします。
発音が妙になったり前後のノートの影響によってどうしても思うようにならない時だけ、ピッチベンドのパラメータをちょこちょこと。
きれいに自然にハモらせるのってなかなか難しいですよね。
Posted by F.Koshiba at 2008年12月20日 03:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。