2008年08月02日

がくぽをおそるおそる触ってみた

※「音ネタ」カテゴリのお断り
このカテゴリの音楽ファイルは不定期に削除します。サーバ容量の都合から、古い音楽ファイルを置きっ放しにできないためです。
 
  
 
しばらく飾っておく事しか…とか前の記事で書いたのですが、飾ったのを見てたらどうにも触りたくて仕方がなくなったので、結局開封。

KAITOのMIDIデータを流用&修正し、「愚足武者」を歌わせてみました。

以下は、KAITOで作ったデモと同じ部分(Bメロ〜サビ途中)の歌唱データ。
声はまだ定まっていないので、とりあえずデフォルトのままです。
エディタから吐き出したファイルをノーマライズしただけで、外部エフェクトは一切かけていません。



↑ベタ打ちのもの。


↑KAITOのMIDIデータをがくぽ用に修正してみたもの。


【歌唱部分の歌詞】

…逃げるが勝ちのあきらめは
嘆きの過去が打ち鍛えた
熱い刃で叩き斬れ

進撃をためらうな 悔やまないように
振り返らずひたすら 前を見据え
無謀など 立ち止まる理由にならない
百も承知の弱さ さらけ出して…


ためしにエフェクトかけてオケにのっけてみましたが、サビに近づくにつれて声の掠れが強くなってしまっているので、どうも映えません。うーん。


posted by F.Koshiba at 15:27| Comment(5) | TrackBack(0) | 音ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
KAITOとは違った味がある声ですね。べた打ちとMIDIデータのものとやっぱり違っていて面白いなぁと思いつつ聞いていました。
手に入れたものを試したいと思う気持ちはよくよくわかります(笑)。ファンの一人としてがくぽが活躍する日を楽しみに待っています。

万感吟遊の件。
配布を検討してくださるとか! ありがとうございます。どのような結果になるかわかりませんが座して待っております。
Posted by 玉乃井ゆま at 2008年08月03日 01:17
がくぽは、基本の声が暗いようですねえ。
でもクリアにするとキンキンになるのか。

ラジオで思い出して、KAITOのラジオ動画をひさしぶりに拝見してたんですが。

ミク版の万感吟遊は配布されてないのですね。
フルで聴いてみたいなー、と思ったんですが。

お忙しいようですが、がんばってください!
Posted by じゃっじ at 2008年08月09日 21:45
玉乃井ゆまさん>

ボーカロイド1から2に引き継げるデータは限られていますが、ノートの配置と長さだけでも移せるのは助かります。
KAITOとは違った部分を「味」として上手に出せれば良いのですが、自分にはなかなか難しいです。
使いこなせるかどうかは別として、とりあえず今は触っていて面白いなあと感じている段階です。これからいろいろ試していきたいです。


じゃっじさん>

声は、くぐもった感じを残した調整だと暗い印象を受けるかもしれませんね。音域にもよるのでしょうか。

ミク版の万感吟遊ですが、そういえば配布していませんでした。需要があるとは考えた事もなかったので(笑)
あれのフルを作る予定はありませんが、代わりに「よくわからないラジオ」を復活させようかなとは考えています。
創作で根詰めていると定期的にああいうゆるいものがやりたくなります。ガス抜きに…。
Posted by F.Koshiba at 2008年08月10日 01:25
おおー。残念と期待が入り混じります(笑)。何事もバランスですねえ。

動画のコメントを見ていると、みんな万感好きだなあと思います(笑)。
Posted by じゃっじ at 2008年08月10日 18:23
ミクはまた、ミク用に何か作りたいのですがなかなか…。

万感吟遊は、今でも聴きに来てくださる方が結構あって嬉しいです。
直したいところ満載ですが、自分の中であの曲の制作はひとつの転機だったような気がするので、至らなさもひっくるめてあれはあれで良いのかなとも思います。
Posted by F.Koshiba at 2008年08月11日 01:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。